眠っていませんか?価値ある古銭

価値のある古銭…記念硬貨という伏兵

古銭といえば、小判や穴銭などを思い浮かべる人が多いと思いますが、記念硬貨も古銭の分類であり、高額買取される記念硬貨というのも珍しくありません。
記念硬貨は、基本的に額面以上で取引をされる傾向が強いですが、中でも高額取引される傾向が強いのは、日本国内で開催された大きなイベントの際に発行された記念硬貨です。五輪やサッカーW杯などの記念に発行された1万円金貨などは、額面の数倍(数万円)で買い取られる例も珍しくありません。また万博記念硬貨に関しても、1万円金貨などは、こちらも額面の数倍で買い取る業者が一般的です。基本的に、高額買取となるのは、額面の大きな記念硬貨である金貨などですが、額面の数倍で買い取られる記念銀貨や銅貨も珍しくはないため、自宅などで記念硬貨が見つかった場合には、一度インターネットで相場を調べると良いでしょうね。

価値のある古銭…皇室関連の記念硬貨

高額で取引される記念硬貨の分野に、皇室関連の記念硬貨もあります。
例えば、天皇陛下御即位記念10万円金貨などは、買取価格は15万円程度が相場と言われています。希少価値が低い種類の小判の買取相場が、一般的に数万円から十数万円程度なことを考えると、かなり高額で取引される部類の古銭と言えます。その他、天皇陛下御在位記念金貨なども、高額買取される定番の古銭です。
皇室関連の記念硬貨でも、イベント関連の記念硬貨でも、歴史が浅い古銭は価値が低いというわけではないのが、古銭の面白いところです。発行されて10年程度の記念金貨が、額面の数倍で取引される例もあります。これは、記念硬貨は多くても数万セット程度の数量限定で発行されることが一般的なため、元々の発行枚数自体が少ないことから、古銭市場でも流通量が少ないという理由もあるでしょう。さらに言えば、歴史の浅い記念硬貨ほど、当時の持ち主が健在で、思い入れが深いため、中々手放すこともないという理由もあると思います。