売るとどれぐらい?古銭を鑑定してもらう

古銭の価値を見分けるのは難しい!?

「古い物置から古銭が出てきた!でも価値がよく分からない」なんて言う人は、意外と多いのではないでしょうか?確かに古銭の価値って、よく分からないですよね。実は古銭といっても、必ずしも高価なものとは限りません。古銭の種類によってはそれほどの値段にならないものも多いのです。
例えば、古銭の代表格といってもいいものの一つに「寛永通宝」があります。寛永通宝は江戸時代初期の寛永年間から作られ始めた硬貨ですが、江戸時代が終わるまで作られ続け現在でも数億枚現存していると言われています。そのため古銭としての価値はあまりなく、1枚数十円程度にしかならないものが多いようです。
ただし、非常に長い期間製造されていましたので数百種類以上もの種類があるといわれており、中には希少価値の高い種類のものもあります。主に古寛永と新寛永に分けられ、古寛永の方が一般的に価値が高いのですが、両者を見分けるのは素人では非常に難しいです。

正確な価値を知りたいときは、迷わず専門家へ!

一般家庭でも出てくることの多い古銭は、明治時代以降の近代銭が多いのではないでしょうか。近代銭の場合、金貨や銀貨ならばとても高額で取引されることがありますが、普通の銅貨の場合は数百円程度にしかならないものが多いのです。
このようにほとんどの場合は、鑑定してもらっても思ったほどたいした金額にはならないことの方が多いようです。ありふれた古銭も多く、中には近代になって作られた偽者の古銭も交じっていたりすることがあります。
古銭の鑑定にはとても多くの知識と鑑識眼が必要になります。そのため古銭の価値を正確に知りたいときには、信頼のおける専門の買取業者に鑑定を依頼するのが一番良い方法だと言えるでしょう。
いかがでしたでしょうか?がっかりされた方もいるかもしれませんが、古銭は意外と価値にならないものが多いので、あまり期待せずに気軽に鑑定に出してみるのが良いかもしれませんね。