古銭って今でも使えるの?

紙幣は明治時代に発行されたものでも使える

古銭には江戸時代やそれ以前に使われていたものから、明治、大正時代に使われていたもの、そして昭和時代に流通していたものなどがあります。当然、江戸時代の通貨を使うことはできませんが、明治、大正、昭和の古銭は使うことは可能なのでしょうか。実は多くの人の想像よりも使えるものが多いです。たとえば一円紙幣は明治に発行されたものでも利用することが可能です。
もちろん、古い一円紙幣は一円以上の価値があるのでスーパーの買い物で小銭と一緒に出すということはあり得ませんが、出せば一円として通用するのです。同じく、五円札や十円札といったものも使うことができます。百円札は昭和四十年代ぐらいまで流通していたので、タンスの中を探したら出てくることもあるでしょう。

硬貨は昭和以降に入ったものしか使えない

一方、紙幣と比べると硬貨で使える古銭はかなり絞られています。たとえば、明治時代に発行されていた単位が銭のものはすべて使えません。見慣れない古い硬貨で使えるものとしては、穴の開いていない五円硬貨があります。そのほかの硬貨については、現在もまれに見るものが多いです。たとえば、縁に溝がある十円や今の百円硬貨の一つ前に発行されていたものなどです。
気づきにくいですが、五百円硬貨は新しくなっていて、現在のものは0の穴全体に横線が入っていますが、古いものは0の線の部分に横線が入っています。もちろん、古い五百円硬貨は現在でも使うことができますが、銀行のATMなどでは古い五百円硬貨に対応していないものもあります。